*「風をあつめて。」は、猫ちはる。が日々書き溜めた、旅の文章やエッセイをメルマガで送りながらウェッブでも公開しているサイトです。
著作権は「猫ちはる。」にあります。全ての文章、イラスト、カット、写真などは全て無断転載禁止です。


トップページ > 文章 > かたくなるココロ2の1・きっぷ


メルマガ登録

下のボックスにメールアドレスを入れて登録ボタンを押して下さい。
まぐまぐ・ID21973


ふぁいるでーた

かたくなるココロ2の1・きっぷ


通しNo .00027
〜なはなし
ホロり・じ〜ん
ひび・よしなし事
〜のはなし
喰いもの・せいかつ
家族・ひと
せかい
生家・故郷じぶん世界
〜のころ
女子大生
とき 記載しない
メルマガ配送日
 2002/03/25号


かたくなるココロ2の1・きっぷ

-------  -------  -------  --------------
このお話しは前後編になっています。
前編 『かたくなるココロ2の1・きっぷ』 後編 『かたくなるココロ2の2・でんわ』
-------  -------  -------  -------  -------
1999年2月25日、渋谷の駅で切符の買い方が良く解らなくて、ワタシは千円札を剥き出しで持ちながら路線図を見上げてぽーっとしていた。

千円札を持っているのはスグ切符が買えるからなのだが(こうでもしないとトロいワタシは都会のスピードについて行けなくて、券売機はワタシの後ろがすんごい行列になってしまうのだ。)

でも千円札の用意とかそーゆー問題以前に、モノゴトは一向にスピーディには進んでいなかった。

なにしろ、路線図の中に現在地の「渋谷」がめっかんないんだから、しょうもない。

んで、ぽぽーっと上を見上げていると、イキナリ10時の方向から声をかけられた。

見ると見知らぬおばさんが立っていて「アナタ、東横線に乗ります?」と尋ねられた。

ワタシは怪訝な顔をしながら「ええ」と答えた。なんか、そのつもりはないのだろうけれど、ワタシの行動を、なーんか探っているよーに感じたからだ。

帰省先にいる時のワタシはそんな怪訝なカオはしない。ワタシの帰省先は見ず知らずのおばやんに話しかけられるコトなんざ、日常ちゃめしゴトなのだ。(*)

ふっふん。(←お国自慢はいーからさ)ええと、そうか「東横線乗ります?」「ええ」だ。

おばやん> 「じゃ、この切符あげます。」

ワタシ > 「へっ?」
      (今、ワタシ細かいの無いよー!どーしよ〜)

おばやん> 「お金は要りませんから、ね?」

ワタシ > 「へっ?!」

おばやん> 「これ、○○(駅の名前)までしかなんだけど、
        △△までなら行けるから」

ワタシ >(おばやんに切符をおしつけられる)「あ、あ、
       すみません・・・」

ワタシ >「あ、今細かいの無いんです・・・」

と、どっかに両替機がないかな(ある筈無い)とワタシが振り返った隙におばやんはワタシに切符をサッサと渡しサッサと踵を返してサッサと人ごみを歩くのが上手な「都会の人」になってサッサと行ってしまった。

その後姿に「あ、どうもありがとうございます」と言ったけど、そんなの全く受け付けないわよ、もう、私が話しかけたと言う事も無かった事にしてちょうだい、

という様におばやんはもう群集の一部に溶け込んでしまっていて、まるで足で歩いて無いかのように人の波に漂って行ってしまった。

おばやんは一度も振り返らなかった。

「もっと、ちゃんとお礼が言えたのに・・・なんで言えなかったんだろ・・・」

券売機の人ごみの後ろでワタシは見えなくなってしまったおばやんの姿を見ながら思った。

「・・・又だよ。」

『かたくなるココロ2の2・でんわ』へつづく

 -------  -------  -------  -------  -------
*日常ちゃめしゴト:「日常茶飯事」をふざけてこう言っています。

このお話しをおススメしてね!→




 おススメ!へ  一覧へもどる


*バックナンバーについてはデータがたまる迄は旧旧サイト旧旧サイトのミラーをご活用下さい。


このページ内の全ての画像、文章、コンテンツなどは無断使用しないで下さい。
使用する場合は、管理者に必ず事前にメールで是非を聞いて下さい。