*「風をあつめて。」は、猫ちはる。が日々書き溜めた、旅の文章やエッセイをメルマガで送りながらウェッブでも公開しているサイトです。
著作権は「猫ちはる。」にあります。全ての文章、イラスト、カット、写真などは全て無断転載禁止です。


トップページ > 文章 > 「死ぬかと思った」


メルマガ登録

下のボックスにメールアドレスを入れて登録ボタンを押して下さい。
まぐまぐ・ID21973


ふぁいるでーた

「死ぬかと思った」


通しNo .00046
〜なはなし
どたばた・とほほ
〜のはなし
旅・せかい
家族・ひと
せかい
生家・故郷じぶん世界
〜のころ
ナース
とき 記載しない
メルマガ配送日
 2002/05/08号


「死ぬかと思った」

「死ぬかと思った」体験を自慢するHPがあります。

そこには、色々な人々の色々な「死ぬかと思った」体験が掲載されているのです。

投稿の際には文末を「死ぬかと思った」で終わらせなければなりません。

最初はそんなつもりは無かったのですが、ひょんな事からワタシも投稿する事になりました。(掲載されたかは「?」ですが(*)

今日はその「死ぬかと思った」体験です。

-----
あれは、何年前でしょう。

ワタシは友達と温泉に行くべくJR○○駅にいました。

特急に乗るため、長い長い階段を下り始めた所、「つーん」とマンガみたいにつま先が階段にひっかかって前のめりにワタシは落ちて行きました。

カッコつけて持っていたアンティークのトランクは途中で空き、一泊二日分の荷物をばらまきながらゆっくりとワタシは落ちてゆきました。(もちろん、実際にはゆっくりとではなくものスゴイイキオイで転げ落ちたのです。)

落ちながらワタシは「死ぬのかな〜」と考えていました、が、目の前に踊り場が!やた!助かった!そう思ったのですが、あまりのイキオイで、駅の階段にしてはだいぶ広めの踊り場なのにも関わらず、ワタシはそこでは止まりませんでした。なんと。

尚も落ちて結局止まったのは最後から三段目の所でした。まだうら若かったワタシは、何よりも階段から落ちたことが恥ずかしかったので、すぐさまさっそうと立ち上がろうとしましたが、カラダがピクリとも動きません。

ワタシの周りにはまるい一定の空間をはさんで人が取り囲んでいました。まさに「その瞬間、天無く地なく・・・」といった泉鏡花の世界です。空気が凍っていました。

やがてワタシが「うっ・・・」とうめいた瞬間、時間が流れ出し、ある人は「大丈夫ですか?」と駆け寄ってくれ、ある人はばらまかれたパンツやハブラシを持って来てくれました。

体中痛いけれど、幸い、どこも折れて無いみたいでした。でも、
死ぬかと思った。

見ると、乗るはずだった特急は既にホームに来ていて、列車の中の人は皆ワタシに注目しています。

でももう、乗らないと今にも発車しそうなんです。好奇の視線の中、その列車に乗らなければならなくて、痛さよりも恥ずかしさで
死ぬかと思った。

ちなみにその温泉旅行には意中の彼も来ていて、勇気を出して告りましたが、フラれました。もう、さびれた温泉旅館で
死のうかと思った。

-------  -------  -------  -------  -------

(*)掲載されてましたが、「死ぬかと思った大賞」には残念ながらノミネートされませんでした。

ちなみに、ワタシが投稿した時はHPだけだったんですが、その後この「死ぬかと思った」は本になったり、最近(2001年、2002年頃)ではTVでもやってましたね。  (*)にもどる


このお話しをおススメしてね!→




 おススメ!へ  一覧へもどる


*バックナンバーについてはデータがたまる迄は旧旧サイト旧旧サイトのミラーをご活用下さい。


このページ内の全ての画像、文章、コンテンツなどは無断使用しないで下さい。
使用する場合は、管理者に必ず事前にメールで是非を聞いて下さい。