*「風をあつめて。」は、猫ちはる。が日々書き溜めた、旅の文章やエッセイをメルマガで送りながらウェッブでも公開しているサイトです。
著作権は「猫ちはる。」にあります。全ての文章、イラスト、カット、写真などは全て無断転載禁止です。


トップページ > 文章 > アジアで見かけたニッポン。


メルマガ登録

下のボックスにメールアドレスを入れて登録ボタンを押して下さい。
まぐまぐ・ID21973


ふぁいるでーた

アジアで見かけたニッポン。


通しNo .00066
〜なはなし
ひび・よしなし事
思ひ出・のすたるじあ
〜のはなし
旅・せかい
喰いもの・せいかつ
せかい
香港(返還前)
澳門(返還前)
深[土川]
上海
広州
タイ王国
マレイシア
シンガポール
インドネシア
〜のころ
すなふきん(前半)
とき '92 7月-'92 10月
メルマガ配送日
 2002/06/21号


アジアで見かけたニッポン。

先週(1999年11月、この文章が書かれたのは恐らく1999.11.17)のニューズウィークの表紙はでっかくピカチュウが載っていて「アジアは今 日本が大好き!!」と書かれていた。よーするに、アジア諸国で日本のキャラクターや製品が大受けだ、って事だ。

でも、アジアの日本好きは今に始まったコトでは無い。

ワタシが香港で不法就労(日本語教師。詳しくは『香港の日本語学校で』をご覧下さい)してた頃(7年前位)も、女の子の生徒さんからサンリオの文房具に書かれている「みんなのたあ坊」を指差して、先生、この「たあ坊」って何ですか?とか訪ねられたり、

当時、サザンの「真夏の果実」を香港人がカバーした物が大ヒットしていて、お教室で授業が始まった時に最初にサザンの「真夏の果実」のテープを流してみんなで唄って大好評だったり、「真夏の果実」は元々はサザンの曲だっていうのを知らない人が多かったんだけど、何故か安全地帯が大ブレイクしててコンサートも大ウケだったみたいだ。

カラオケボックスも「[上ト]拉OK」として大ヒットしてて、生徒さんたちは日本語の唄を上手に唄った。ワタシも偉大な香港の歌手、サミュエル・ホイ(*1))の唄を唄ったが、広東語がぜんぜんダメダメで講師としての威厳を決定的に失墜させたりした。

大ブレイクと言えば、日本ではこれもあまり知られていないけど、当時、東南アジアでは「北国の春」と「おしん」が大大ヒット!を飛ばしてて、ある旅仲間の人は、ベトナムの海辺で「北国の春」を熱唱させられ、現地の人に家に泊めてもらったと言うし、

インドネシアの屋台でワタシは「おしん」の写真が印刷されたお皿を見た。そのお皿を見る限り、どーやら「味の素」が「おしん」のスポンサーらしかった。もしかしたらあのお皿は味の素のオマケだったんじゃないかな?ウブのお母さん(『ウブの人達〜後編〜』など)も「おしん」を見ていて、よく正座が出来るわね、私には無理、とか言ったりしていた。

「味の素」といえば、味の素もものすごくアジアでは浸透している。

中国の屋台なんかではドンブリに味の素がてんこ盛りになっていて、みなそれをレンゲで山盛りにすくってラーメンに入れて食べてるし、インドネシアの屋台でもたっぷりと入れてくれる。

「中国人は味の素を入れれば入れるほど美味くなると思うとる」

とは、(先とは別の)やはり旅仲間の弁だが、そうも言いたくなる程よく入れる。ざくざく入れる。

東南アジアをぶらぶらしていると「ヒューヒュー!おねーちゃん!」とかの代わりに、デッカイ声で「あじのもとぅ!」とか「おーしん!」とかお声が掛かる。

そうそう、マレーシアのショッピングセンターではトリンプの下着がとても安く売られていて、思わずパチもんちゃうか、と思った位だ。 (*2)

パチもんと言えば、生理用ナプキン。

ちなみに、香港人はちり紙の代わりにポケットティッシュ様に包装された紙ナフキン(*3)を持ち歩くんですが(最初、知らなくてびっくりでした。『香港。返還前の香港を想う。』にもこの話題が)、そっちのナフキンじゃなくて生理用ナプキンのお話し。

アジアのみなさんもやっぱりナプキン派が圧倒的に多いらしく、売場には所狭しと日本メーカーのナプキンが置かれている。でも、コレ等はどーやらパチもんらしい。だって性能がぜんぜん違うもの。

ニセウィスパーこないだ、実家の部屋を整理してたら出てきたので掲載。ちょっと荷造りの時に貼ったテープがそのままですが(^_^;)多分マレーシアで買ったものだと思う。大きい画像はこちら

コレ、どーみても当時の「ウィ○パー」なんだけど、品質がまるでちがうんだなぁ・・・尚、試して見たい方はメール下さい。差し上げます(女子限定)。

性能といえば、米国製のナプキンも最悪だ。20年位遅れてる。ってゆーかあちらはタンポン派が多いから生理用ナプキンの開発は20年前で止まってしまってるんだろう。(*4)

そういえば、東南アジアの田舎町で米国製のロープ付きのナプキンを買った事がある。

ナプキンの前後にロープがついてて、輪っかになっている。丁度マスクの耳にかけるゴムの部分がロープで、ガーゼの部分がナプキンと思って頂けたら判りやすいでしょうか。

アレは多分、腰に紐を巻いてあのロープに通すんだろうけど、使ってる所は見たことが無い。ロープが結構ゴツくて、使い捨てにゃあ惜しい様な感じだったんだけど、どう使うのかイマイチ定かでは無い。

多分、東南アジアの人は腰巻きを巻いて生活してるから、恐らく普段からパンツ(下着)を履いてなくって、アノ日はあのナプキンでフンドシ状態で過ごしているのではないかと思うがどうか。

でも雑貨屋にあったソレはホコリかぶってて、アメリカさんからの輸入品で少々お高かかったから、きっとでいりーゆーすでは無いんだろう。現地には現地の、伝統的な『ガーンディーでい』の過ごし方がある筈だ。

次回、長期旅行に出る様な事があったら、是非、万国の女性と仲良くなってその国の生理事情に触れる、という「生理の旅」というのをやってみたい。

ありゃ、何故か最後は生理のハナシになっちゃいました。

-------  -------  -------

(*1)許冠傑(サミュエル・ホイ)
許冠傑。このお方は香港人初のシンガーソングライターと言われていて、タブーと言われていた九七問題の事なんかもさらりと唄ってみせたりしたスゴイ人です。

残念ながら彼のオフィシャルサイトは見つからなかったのですが、映画監督であり俳優でもあるお兄さんのページはみつかりました。こちら↓です。

http://www.michaelhui.com.hk/です。

お兄さんの方は日本では「Mr.Boo!」として有名ですね(^-^)。

実はワタシは何を隠そう、小学生の時この映画を観ていっぺんで香港が好きになってしまったんです。サムのファンクラブにも入ってて、当時、このファンクラブをやってらしたお姉さま方は香港に永住してしまったとか。お羨ましい限りです。  (*1)にもどる


(*2)トリンプ
トリンプって、日頃ワタシ達が言ってるのは「トリンプ・インターナショナル・ジャパン」って言って、もともとはドイツのメーカーだったんすね。知りませんでした。  (2)にもどる

香港の紙ナフキン(小)(*3)香港のポケットティッシュみたいな紙ナフキン
相互リンクのロデムさんから現物を頂きました。

これは街頭で配る用のものなのでちょっとふつーのよりもだいぶ小ぶりです。開けてみたら通常のナフキンを半分に切ったものが詰まってました。流石、香港人。しっかりしてる。  (*3)にもどる

(*4)20年前で止まってる
とか、悪口書いたら米国在住の瑞穂様からこんなメールをお寄せ頂きました(^-^)/

ご本人様の許可を頂きましたので掲載させて頂きます。御報告、どうもありがとうございましたm(_ _)m。

> アメリカ在住の私から、アメリカのナプキンについて最
> 近の事情をご報告。

> 日本のナプキンにも近い高性能ナプキンがありまして、
> ウィスパーみたいにメッシュになっている物や、ウィン
> グ付もあります。サイズもたくさんあって、軽い人用の
> スーパースリムからオーバーナイト用の大きな物まで、
> とっても充実してます。

> 最近は個別包装も工夫してあって、あけると自然にテー
> プがはがれるようになっています。(無駄が少ない)ア
> メリカのナプキンメーカーは日本のナプキンを入手して
> 研究してるのかもしれませんね。

> 特に気にしたことはないですが値段も日本と同じ位です
> かね?一番高いものでも1パック(28個入でしたか?)
> 5ドルはしません。

> でもアメリカでは日本ほど種類が多くないですね。大体
> メジャーなのは2−3社位で、後は名も無いストアブラ
> ンド(その店だけで売ってる、安い)です。

> 10年位前にはさすがに高性能ナプキンはみかけませんで
> したが、ちはる。さんが書いていらした、ひも付きのも
> のは一度も見かけた事はありません。アジア向けに作ら
> れていたのでしょうか。

という事でした(^-^)。貴重な情報どうもありがとうございます。

ワタシもあのロープ式のは米国も含めてあそこでしか見た事ないんですよ。ひょっとしてン十年前の売れ残りだったのかもしれませんよね。なんか面白くて買ってみたんですけど。

という事で、これをお読みの皆様、ロープ型ナプキンの情報もお待ちしております〜  (*4)にもどる


このお話しをおススメしてね!→




 おススメ!へ  一覧へもどる


*バックナンバーについてはデータがたまる迄は旧旧サイト旧旧サイトのミラーをご活用下さい。


このページ内の全ての画像、文章、コンテンツなどは無断使用しないで下さい。
使用する場合は、管理者に必ず事前にメールで是非を聞いて下さい。