*「風をあつめて。」は、猫ちはる。が日々書き溜めた、旅の文章やエッセイをメルマガで送りながらウェッブでも公開しているサイトです。
著作権は「猫ちはる。」にあります。全ての文章、イラスト、カット、写真などは全て無断転載禁止です。


トップページ > 文章 > 旅の、どうぐ。〜あって便利な七つ道具〜


メルマガ登録

下のボックスにメールアドレスを入れて登録ボタンを押して下さい。
まぐまぐ・ID21973


ふぁいるでーた

旅の、どうぐ。〜あって便利な七つ道具〜


通しNo .00075
〜なはなし
感想・思った事
考えた事・熱く主張
〜のはなし
旅・せかい
出発前の君へ・・・
せかい
香港(返還前)
タイ王国
マレイシア
シンガポール
インドネシア
印度
東豪州
旅全般
ニュージーランド 北島
N.Z. 南島
〜のころ
すなふきん(前半)
すなふきん(後半)
すごく最近
とき '92 7月-'92 10月

メルマガ配送日
 2002/07/08号


旅の、どうぐ。〜あって便利な七つ道具〜

以前、『とりとめもなく旅のハナシ。』『旅の準備〜怪我・病気に備え編〜』で、「あって便利な七つ道具」をまとめてみようかな、なんて書いてたんですが。

書こう、書こうと思いつつのびのびになってしまってました。なんだかこういうのが多いです。これに限らず、書きたい事ほど、書いて置きたい事こそ、まだ書いてない気がします。

リニューアル後にはそういう、今まで伸ばし伸ばしにして来たネタを整理していけたらなぁって思ってます。(リニューアルした後も同じ様な事言ってますね(^_^;)。すみませんm(_ _))

で、今回はそろそろ学生さんの旅行シーズンって事と、近しい人が旅行に出るのとで、前々から聞かれていた「持ってたら便利なもの教えて」ってのを整理してみようかなと思います。

只、今回は自分も出立前(2002年1月現在N.Z.行き前)という事もあって、あまりよくまとめられずざっとで申し訳ないのですが・・・でもともかく「宿題」を済ませる良い機会なので思いつくまま7つ、「あって便利な道具」を書き出して見ようと思います。

ご参考になりましたら幸いですm(_ _)m。

-----
ゝ重品の始末と服装

ワタシは市販のマネーベルトを使っていました。

ちなみにウチの父は米国にトレッキングに行った際に腹巻を使用、もともと胃腸がの弱いで一石二鳥(^_^;)だった様です。

実はその後N.Z.行った時はワタシも真似っこしてみました。たまに貴重品が腹の前部からズレたりしてる時があって一瞬びびったりしましたけど、ワシ冷え性なんで結果腹巻きサイコー!暑くない国ではぐーと思いました。

さて、かつて旅してた時、ワタシの服装はだいたい上はランニング+長袖シャツ(女性はモスリム圏では半袖等、肌の見える服装は御法度なので)かピジャマ(印度の薄手の男物の裾の長いシャツ。パージャーマーとも。)、

←下はたいていサロン(日本風に言うと腰巻きです。印度では「ルンギー」。でも印度のルンギーは大抵白で布地ももっと薄い感じ)で過ごしていましたので、素肌にマネーベルトを巻いて、マネーベルトの袋部分をパンツ(をはいている時は)の中にしまってランニングを着てシャツを羽織っていました。

パンツを履いてない時はいわばマネーベルトの袋部分は宙ぶらりん状態ですが、体にぴたっと巻き付ける横長タイプのものだったのでブラブラもふくらみも殆ど気にならず(ふくらむ程カネがなかっただけだけど(^_^;))、これまた冷え性のワタシとしては下っ腹が適度にあったかくて良かったです。(暑がりの人は腹に当てる側がメッシュ生地のものがあるのでそれが良いかもです。)

↑上の写真は長袖をぬいでいる状態です。

お腹のふくらみはマネーベルトのせいではなく、サロンを束ねている部分があるからです。サロンを履いている人(つまり現地の人)にとってはこのふくらみは自然なので、別に怪しまれる心配はありません。

(怪しまれる心配=ウェストポーチの様に「ここに貴重品ありまっせ!」というアピールになったりしないと言う事です。ワタシの知人はウェストポーチの「貴重品有マス」サインを逆手に取ってダミーとしてわざわざ付けてる人が居ましたが、どっちにせよそれだけで人目を引きつけてしまうのでワタシはアレ、好きになれません。)

ちなみに、サロンはタイやインドネシアの田舎の方では筒状に縫ってあったりしますけど基本的にはシーツがちょっと横長になった様な感じの長い一枚布です。それを体に合わせて巻いて行きます。

そして上部分を折り返して止めてるだけです。ピンやボタン、日本のお腰についてる紐などは一切ありません。只本当に布をよって折り返すだけです。なので着こなすのにはちょっとした慣れが要ります。もしサロンが着たいけど着にくい、という方は仕立屋さんで安く縫ってもらって筒状にしてもらうと良いかと思います。

インドネシアのソロの人なんかはこの折り返しの所を扇子状にかっちょよく折ってたりして洗練された都会的な感じがしました。

南印度や東南アジアのおっちゃんなんかはこの腰巻きを折り返す所にひょこっと煙草を入れてたりしててなんかTシャツの袖にセブンスター入れてるオッサンみたいだなーと思ったりしました。

長袖シャツは綿100%、男物のゆったりしたものを愛用してました。(これに限らずアレルギーなので化繊は着られません(^_^;))

これだと通気性に優れ汗の吸収性も良く、又サロン以外の時のお腹のごそごそ(マネーベルトとかの)も目立たなくていーかんじ。ワタシはこのシャツの胸ポケットの真裏(シャツの内側)に隠しポケットを縫いつけてましたが、ゆったりしたシャツだとそういうのも目立たなくってぐーでした。

ピジャマも涼しくて裾が長くて良いですが、「つっかぼり」(わかります?)なので、移動には不向き。滞在時が良いですね。移動時の場合は脱ぎ着が簡単な前開きの男物シャツが良いです。そもそも男物は女物より仕立てが良く頑丈に出来てる事が多いのでタフでいーです。

あ、あと大きいサイズだとシャツを着たまま「中身」の着替えなんかも簡単で女性は一つ持ってると何かと重宝です。

ワタシの旅の師匠は中国で作らせたチョッキを愛用してました。このチョッキがまーた優れもので内側が全てポケットになっているんですよ。身頃と裏地の間が全て収納スペースというワケです。

確か裾に平行してぐるっとながーいジッパーがついてまして、旅券等の貴重品を入れていました。しかもこのジッパーが二個ついていたと思います。それで左右どっちからも開閉が出来た様に記憶しています。

チョッキだと通気性・保温性ともに優れていますし肩がこりにくいので良いですよね。

最後に、よく、首かけ式の貴重品袋のヒモをTシャツの丸首のとこから出している(というか見えてしまっている状態?の)人がいますが、これは首の所のヒモをナイフで切られる恐れがあるので気をつけた方が良いかもしれません。


∧謄ャッシュ

これはもう、時代が違うかもしれないんですが・・・

以前は両替が酷く困難な国がありました。米キャッシュは一応、世界中で使えるので(レートはともかく)お守り代わりですね。

円が強かった時は円(キャッシュ、T/Cとも)を持ち歩く人が増えましたが、やはり大抵の人は(予算の外に)いくばくかの米キャッシュは隠し持っていたのでは無いでしょうか。


L淵蹇璽

←これは重宝しました。

洗濯物を干す時、荷造りする時、洞窟を簡易テントの様な状態にする時(『妙な夢。』ご参照m(_ _)m)、しっかりした布地のルンギー(主に南印度で着用されている男物の腰巻き)を結んで木にしばりつけてハンモックにした事もありました。


ど呂敷

これもなにかと重宝します。

ワタシはこれを手提げ代わりにして浮かれてて一度ナイフで切られた事がありますが(^_^;)コレは風呂敷だったからってワケではなく、ワタシがへらへらしてたからです。

バッグ代わり以外にも荷物をまとめたり、ヒモ代わりにしたり、風よけ雨よけ埃よけ・・・えとせとら、えとせとら、昔の人の知恵っていうのは素晴らしいですね。着物もそうですが、不定形なものはみな汎用的になんでも使えて大変重宝します。

ちなみに風呂敷は現地でも買えます。インドネシアのバティック(ろうけつ染め)なんかはお土産にも良いのでは。


ゥサ・帽子

傘は暑い国の場合、雨ガサとしてよりも日よけとして使えます。ワタシはもっぱら日よけとして使っていました。

帽子は日よけの他に、意外なのですが防寒具として重宝します。頭から放出される熱量って結構あるんですよね。その熱を逃がさないってだけで結構あったかいです。

が、暑い時はやっぱりムレます(^_^;)。その点当たり前ですがカサは通気性が良いので快適です。が、手がふさがってしまうので不安な方もいるでしょう。急ぐ旅には不向きかな。

帽子だったら麦わらが良いですよ、ムレなくて(^-^)


Ε曄璽后Ε丱吋帖Δ劼靴磴

お風呂がマーンディ(水浴び場)の地域へ行く場合、ホースがあると女性はなにかと重宝します。(『燕京の瞬(やんきょんのとき)』をご参照下さいm(_ _)m)

ひしゃくはマーンディに常備されていますが自分用のが良い人は。現地でいくらでも買えます。

バケツは、これも何かと重宝。

まぁがさばるので持っている人は少ないですけど(^_^;)洗濯、洗顔、入浴・・・ワタシは一度ビニール製のを持ってた事があって重宝しましたが旅の途中に破けてしまいました。

ワタシの旅の師匠の話では、印度旅行でバケツに調理道具一式を詰め込んで持って歩いて旅しているおばあちゃまがいたとか。余談ですが先日そんな様なタイトルの旅の本が出版されていて、もしかしたらご本人なのではないか・・・なんて思いました。

この方の他にも、自炊する方や現地に滞在している方はバケツに調理道具や食器類をつめてる方を見かけましたね。


Д織奪僂某譴せ澆

タッパはこれも何かと重宝。『旅の準備〜怪我・病気に備え編〜』にも書きましたが常備薬のある方はコレに入れておくと薬が荷物に押されてシートから飛び出たりしなくて良いですよ(^-^) 湿気っぽい所へ行く方はシリカゲルを入れて置くと尚ぐー。

乗り物に酔う方は、酔い止めは、予め買って持って行った方が良いかもしれません。ワタシはインドネシアのでらりぱっぱになってしまった事があります(^_^;)

船底で横になったが最後、師匠にゆっさゆっさと起こされない限り目覚められませんでした(^_^;)。一人だったら大変なコトになってたかもしれません。

※薬について、特に抗生剤については注意が必要です。→『旅と抗生物質』をご覧下さいませm(_ _)m。

-----
*番外編*

☆ビニール袋におしゃれ着洗剤

これは主に短期旅行、そして都市部への旅行におすすめなんですが・・・

大きめのビニール袋におしゃれ着洗い用の洗剤を入れて水、洗濯物を入れて振り回せば簡単に洗濯ができます。

すすぎも同様の方法で、二度程度で済むので簡単、便利。日本の洗剤は良く落ちて(ガイコクのって色は落ちるのに汚れが落ちなかったりするんですよ(^_^;))、柔軟剤がなくても良い仕上がりです。

YHやドミの共同シャワーの時等、シンクや浴槽が無くて洗濯に困ってしまった時等にやってみて下さい。

洗濯が億劫になるとなかなかしなくなってしまうので、カンペキを求めずに、マメに洗った方がこころとカラダの衛生に良いと思われます(^-^)

※但下水が整備されてない国や地域では、洗濯用の洗剤に限らず、合成洗剤は使っちゃダメですよ。川やマーンディで洗濯する場合はよくよく注意して下さいねっ(^-^)。


☆フィルムにビニールテープ

コレは写真が好きな方にとっては常識なのかもしれませんが・・・

未使用のフィルムにはケースのフタに←この様にビニールテープを貼っておくと良い様です。

フィルムを出す時はこのビニールテープをはがします。そうすると一目で使ったフィルムとまだ使ってないフィルムが見分けられて便利です。(暗闇の中でも手探りで取り出せます)


更には使ったフィルムのベロを中に入れ込んで(←写真右です)フィルムケースに戻せばカンペキです。間違えて使用済みのフィルムをセットしてしまって、せかっくの写真が二重露光(;_;) なんて事もありません。

フィルムの順番が気になるという方は、このビニールテープとフィルム本体に通し番号を書いて置けばOK。

使用済みフィルムをケースに戻す時、ケースの側面に使う時はがしたビニールテープを貼っておくと現像やフィルムチェンジの時に便利の様です。

特にフィルムを途中で交換して、また戻すという様な方にはおすすめかも。(でもフィルム入れ替えする様な人ならきっともっとすごいノウハウがあるのでしょうけれど(^-^)ね。 あ、でも最近はAPSとかゆーのなら手軽に出来るそうですね。)

使いかけのフィルムが入ったケースにだけ側面テープっていうのもいいかもしれません。撮った枚数とか、色々メモできるし。


☆南京錠

南京錠はリュック等にかけます。

が、デイバッグの二つのジッパーの穴に通してかけるのは意味がありません。印度のドロボーさんはいともたやすく、首尾良く開けてしまいますよ(^-^)(実際の印度のドロボウさんにレクチャーして頂きました)

必ずジッパー二つと本体のどこかを繋がないとダメです。尤もいくら鍵をかけてもナイフで切られてしまっては仕方ないですけどね。というワケでま、これもお守りですかね?

知り合いの方はお仕事でしょっちゅうアフリカへ行くのですが、彼はついにジェラルミンの小さなケース1コという荷物に落ち着いたそうです(^-^)

YHやドミではちょっと荷物を離れた隙にカメラ、ウォークマンなどの貴重品が紛失・盗難されてしまう事が多い様なので、そういう時は重宝するかもしれません。

シャワーの時など貴重品をバッグにしまってちょっと鍵をかけておけば、相部屋の人とのトラブルも裂けられるでしょう。

------
その他、地図は現地で、磁石は日本で用意した方が良さそうとかマッチ、ライター、計算機。蚊取り線香に電熱コイルの湯沸かし器にマグカップ・・・とまぁ、上げればキリが無いのですが、

まぁ、基本的には現地でみんな手に入れられますから。(現地でしか手に入らないものもありますし)

どんな所でも生活している人がいれば、そこで生活するのに必要なものは全て手に入るハズですから、ね(^-^)。

それよりも問題(楽しみ?)なのはそれをどうやって手に入れるかですよね〜(^-^)。

T/C?オカネ?砂金?塩?砂糖?それとも・・・?


このお話しをおススメしてね!→




 おススメ!へ  一覧へもどる


*バックナンバーについてはデータがたまる迄は旧旧サイト旧旧サイトのミラーをご活用下さい。


このページ内の全ての画像、文章、コンテンツなどは無断使用しないで下さい。
使用する場合は、管理者に必ず事前にメールで是非を聞いて下さい。