*「風をあつめて。」は、猫ちはる。が日々書き溜めた、旅の文章やエッセイをメルマガで送りながらウェッブでも公開しているサイトです。
著作権は「猫ちはる。」にあります。全ての文章、イラスト、カット、写真などは全て無断転載禁止です。


トップページ > 文章 > 妙な夢〜Synchronicity〜


メルマガ登録

下のボックスにメールアドレスを入れて登録ボタンを押して下さい。
まぐまぐ・ID21973


ふぁいるでーた

妙な夢〜Synchronicity〜


通しNo .00076
〜なはなし
どたばた・とほほ
思ひ出・のすたるじあ
〜のはなし
旅・せかい
家族・ひと
せかい
香港(返還前)
インドネシア
印度
〜のころ
すなふきん(前半)
とき '92 7月-'92 10月
メルマガ配送日
 2002/07/10号


妙な夢〜Synchronicity〜

それは、インドネシアのロンボク島という所へ行った時のお話しです。

その頃のワタシはバリ島の山の方のウブという村の、間借り(下宿)と宿屋のあいのこみたいな所に長居をしていて、そこを拠点に行動していました。(*1)

ロンボクへはバリ発午前二時のペリニ汽船に乗り、三日後の同時刻のバリ行きで帰って来ました。その多分帰りの時に乗った船が日本の何処かの観光地のフェリー船の払い下げで、

まぁ、潮の関係もあるのでしょうがその日本製の船に乗った時の方が随分早く目的地に着いてしまったのをよく覚えています。

ロンボクのタンジュンアーンという所は、浜と海の素晴らしく綺麗な所で、その海はあまりに(透明度が高く)キレイなので、返って魚があんまり住まない、というくらい美しいものでした。

しかしその為か村は貧しく、竹で編んだ長屋みたいな集落で買った米は質が悪く、研ぐとぼろぼろと崩れてしまう様な米でした。

自宅に井戸を持っていない人は村に一つの共同井戸を使い、子ども達は腰布ひとつでペットボトルの空き瓶でつくったシカケみたいなのをかついで海に、多分魚を捕りに行ったりしていました。

そしてワタシ達──その頃、ワタシは出国┼年目という「旅の強者」について旅をしていたのです。風街のサイトおよびメルマガの文章では「旅の師匠」と呼んでいます──もまけじと貧しく、そのお米を海で研ぎ、海のお水で炊いてブブル(お粥)を炊きました。

オカズになるかな、と沢山浜で小さなカニを捕まえたのですが結局それは食べず、師匠の提案で持参していたバナナを粥を炊いた小さな鍋に切って入れ、それで食べました。

ピサンブブル(バナナのお粥)は意外とイけて、それは多分バナナでも入れた方が美味いと感じるほど、もみがらの混ざるその米は、日本で育ったワタシにとっては臭く感じた程の米だったのです。

ワタシはロンボクというとこのタンジュンアーンの海と「まずしい」という感覚とをしごくしずかに、そして鮮明に美しく、想い出すのです。

--------
さて、日記(前記した「旅ノート」(*2)によると「その日」はその紺色の海のタンジュンアーンではなく、クタという村で野宿したようです。ちなみに「クタ」という地名はバリにも有名なクタ(クタ・ビーチ)というのがありますが、この日野宿したのはそちらのクタではなく、ロンボク島にあるクタという村でした。

野宿の前に宿屋も探したのですが、何処も値段に折り合っている様ではなかったし、部屋もそれ程良くはなかったし、ベッドには南京虫がいたし、お金は無かったしで、ワタシ達は浜の岩場の影で野宿と決め込みました。

大きな岩の岩陰に師匠が持っていた印度産のシーツ(というか、腰巻きというか、ともかく布です。)とワタシの持っていた綿ロープ(コレは本当に重宝しました。洗濯を干したり、荷造りしたり、ハンモックを作ったりもしました)でカーテンを作り、まぁ、それが申し訳程度の扉というかパーティションというかテントの代わりです。天井無いけど(^_^;)。

ワタシはわりに野宿が好きで良くしました。

時にはインドネシアの街の中で知らない人の家の軒先で寝たこともありました。害虫と夜の蝶の沢山居る安宿のしけったベッドよりも、その方がワタシはずっと気分良く眠ることが出来たのです。

ところが・・・ワタシ達の所へ村の人がやって来て、ここはヘビが出てアブナイから(野宿は)よせ、というのです。しかしワタシ達は(その時恐らく心身共に疲れていて、多分早く人気の無い所で休みたかったので)そこを動きませんでした。

すると今度はオマワリさんがやって来て、やっぱりアブナイからよせと言います。

それでも動かなかったらなんと最後には軍隊の人が迷彩服でやって来て、この岩とこの岩の向かいの岩は毒蛇の巣だから軍隊の所で寝ろとまで言い出した!

村の男の(子)が二人ほど、(何故か「旅ノート」にはこの「子」の文字が(かっこ)付けになっていて、「男の子」=若い男性が二人なんだか、若い男性とその子どもなんだか男児が二人なんだか「?」なのですが、確か声をかけてくれたのはサロン屋の若ダンナだったと記憶しています。)も家に来いと言い、と、なんだか村を上げたすったもんだになって来てしまいました(^_^;)。

どうやらワタシ達はすごく貧乏な、もしかしたら駆け落ちカップルとでも思われてたのかもしれません。

そうこうするウチに師匠が海に手を洗いに行くと本当に1.5M位の白い海ヘビが出て(そのヘビは皆が言う毒蛇とは違うヘビだったのだけれど)流石にワタシ達も観念してキャンプ(のまねごと)をたたみ、移動する事に。

声をかけてくれた男の人はサロン(インドネシアの腰巻き式スカート。男性も女性もコレを着用)屋さんで家が裕福らしく、ウチの前に野宿しろとか、ウチに泊まって良いとか言って下さったのですが、ワタシ達はそれを丁寧にご辞退し、やってきたオマワリさんの勤務する交番の前を今晩のねぐらにしようと決めたのでした。

こういう事って、多分先方は親切にして下さってる訳だしむげに断るコトも出来ずに難しい所なのですが、インドネシアでは(まあどこでもそうだけれども)とにかく人々は観光客からカネをむしりとろうとしていたし「定価・料金」といった物が一切無い社会では全てが「交渉」しなければならなかったし、

そしてその「交渉」が何故かボるコトで有名な印度よりもしんどかったし、結構田舎で外国人がめずらしく何処に行っても珍獣扱いだったし・・・

で、今思うとその頃のワタシは沢山の人に囲まれてなんやかやとされるコトに少々疲れていたのだと思う。だからかたくなに交番の前に野宿をしたのだと。

さて、交番の前にねぐらが決まったのは良いのだけれど、そこに今度はサロン屋の一団体とオマワリさんとがゾロゾロとやってきてやれこの部屋(交番)を使えの、コレがトイレのカギだのとワイワイガヤガヤ。

何でも六日後にお祭りがあるので人が沢山来るから盗難に気を付けろ、というコトらしく、人々はしきりに部屋へ入れの荷物を入れろのパスポートはどこだのと騒がしく・・・

結局ワタシ達がゴザとまくら二つとランプと(交番の)部屋のキーを借りると、村人達はそれでもひとしきり奥さんの自慢話やらなにやらをした後三々五々帰宅し、ワタシ達はやっと誰もいない交番の前に並んで横になることが出来ました。

--------
さて、その晩。

ワタシは暴漢というかドロボウというか、誰かに襲われる夢を見ました。カラダを動かそうとしますがカラダはピクリとも動きません。すごく苦しくて脂汗をたらして耐えていると

「殺したろか!本当に!!」

という大きな怒鳴り声がして、その瞬間に金縛りがとけて目が覚めました。声は師匠のモノでした。隣で寝ていた師匠も同時に二人一緒に同じ様に飛び起きて、お互いに今あった出来事を確かめ合いました。

・・・どうやらワタシ達は、同じ夢を同じ時刻に見て、そして同じように金縛りにあっていた様なのです。つまり、すごくリアルな、殆ど現実に起きたとしか思えないような同じ夢を共有していたらしいのです・・・

朝になると勤務を交代した若いオマワリさんがやって来て、氷屋のトラックを止めてくれ、ワタシ達はそのトラックでタンジュンアーンまで乗せて行ってもらえるコトになりました。

トラックは押し掛けしてエンジンをかけ、壊れそうな音を出しながらワタシ達と氷を乗せ、急な坂を昇って行きました・・・

-------  -------  -------


(*1)ウブという村の、間借り
については、
『ウブの夢−南国のおしし−』
『ウブの人達〜前編〜』
『ウブの人達〜後編〜』
等をご覧になって下さいm(_ _)m。  (*1)にもどる


(*2)旅ノート
この時配送したメールマガジン(風街つうしん。第016号(12年01月19日号))にこの旅ノートの事が少し書いてあったのです。

以下転載します。
----------------------------------

18日の明け方、この原稿を書いていて、コタツからうっかり「旅ノート」を落としてしまったら、ばらっとばらけてしまいました。

このノートは香港で買って、旅中持って歩いて、それからもう10年近く経っているのでそうとう「ゴクローサマ」ってカンジにボロボロになっていましたし、

実際パカッとページが取れてしまっていた部分もあって、そうやって今にも全てのページが剥がれてバラバラになりそうな様子だったからいつ何時そうなってもおかしくはなかったのだけれど・・・やっぱりちょっと淋しい気がしました。

----------------------------------
「旅ノート」の事はその後、『旅の記録と記憶と旅行記と』という所にも書来ました。宜しければm(_ _)m。  (*2)にもどる

このお話しをおススメしてね!→




 おススメ!へ  一覧へもどる


*バックナンバーについてはデータがたまる迄は旧旧サイト旧旧サイトのミラーをご活用下さい。


このページ内の全ての画像、文章、コンテンツなどは無断使用しないで下さい。
使用する場合は、管理者に必ず事前にメールで是非を聞いて下さい。